先日、武蔵小金井にあるライヴ・スペースART LANDでヴォーカルの荒井皆子氏の即興ライヴを聴く。共演は韓国の至宝と言われるアルト・サックスの姜泰煥氏。姜氏はフリージャズの巨匠で今回は高橋悠治とのライヴのため来日とのこと。急遽、小金井での荒井さんとのライヴが決定した。

サックスで特殊奏法の嵐に荒井さんの変幻自在のヴォイス・パフォーマンスが絡む。脳の最も古い皮質に働きかける原初的なパワフルな音楽で私の場合は折悪しく自分のなかの悪い記憶が呼び覚まされてしまい、気持ちを立て直すのに翌日の昼過ぎまでかかってしまった(笑)。このことを荒井さんに話すと「ほんとは宇宙に溢れる愛を表現したかった」のだと苦笑されてしまった。「宇宙は混沌にあふれているけど、それを受け入れれば宇宙は愛に溢れていることに気が付くよ」と。

またひとつ自分の感性の領域が拡がった。