コンサートのおしらせ

以下の通り私の作品が演奏されるコンサートをお知らせします。お時間ございましたらぜひお出かけ下さい。事前に私までご連絡頂ければ、定価の1割引きでご用意させて頂きます。

日本現代音楽協会主催・秋の音楽展2015アンデパンダン展第2夜

2015年11月19日(木)東京オペラシティ・リサイタル・ホール18:30開演 チケット:全自由席4,000円

東京オペラシティ・チケットセンター:03-5353-9999/日本現代音楽協会:03-3446-3506

くりもとようこ:紫の~ヴィオラのための(2015)初演

高原宏文:二人のヴァイオリン奏者のための「書」(2015)初演

田中範康:無言歌~フルートとギターのための(2015)初演

松尾祐孝:PHONO XIII~Meditation for Viola solo(2015)初演

河内琢夫:《アムール・モナムール/うちなる川》~チェロとピアノのための(2015)初演

ほか全9作品、全作世界初演です。私の曲はこれまで私の作品の初演再演に数多く携わってきた、チェロ:井上雅代さん、ピアノ:小笠原貞宗さんに演奏して頂きます。ふたりは私にとってなくてはならない大変優れた音楽家です。今回の拙作《アムール・モナムール/うちなる川」のタイトルはユーラシア北東部を流れる大河アムール川にフランス語で「わが愛」を意味する言葉mon amourを掛けた一種のアナグラム(平たく言えば、言葉遊び)で、作品の内容は見えない霊的な河の流れを音に映しとることを目指しました。近年の私の作品中、自分でも思いがけず力のこもった作品になったと自負しています。11月後半のお忙しい時期ではありますが、ぜひともお聴き頂ければ幸いです。