月別アーカイブ: 2016年1月

冬の旅

何の酔狂か、1月18日(月)より数日間、北海道を旅した。行き先は根室、今週の始めのことである。もうおわかりかと思うが、東京に大雪を降らせた、あの爆弾低気圧の到来と旅行の時期が見事に重なってしまった。なぜこの時期に旅を?と思われるかもしれない。冬の北海道、とりわけ道東の厳しい冬の海をどうしても見たくなった、ということに尽きる。

18日東京は大雪、との予報を前夜のニュースで知り、交通の遅延を考え、急遽その晩のうちに羽田に行き、空港のロビーで夜を明かす。そして翌18日は予報通りの初雪。滑走路の除雪が間に合わず、予約していた便は欠航、しかし次の便に何とか席が取れ、機上の人となる。東京の交通は大混乱だったそうだが、降り立った釧路の街は雪も少なく、穏やかそのもの。なんだ大したことなかったじゃないかと安心したのが私の浅はかさ。私の乗った飛行機は低気圧の渦を飛び越えていただけで、渦はむしろこれから私のいる所へ来ようとしているのだった。

列車を乗り継いで何とか根室にたどり着いたのは夜7時近く。宿に着いたのが7時半ころ。羽田での夜明かしと予定していた便の欠航、その後の度重なる遅延にもはや体力は限界。しかし宿のご主人の口から出た言葉は「いま根室に避難勧告が出ました。お客さん、どうします?」JRは既に全面運休を決定したとのこと。なんと私を乗せて来た列車が最後の運行であった。どーすんの?

2016年のごあいさつ

世界に様々な問題を抱えつつも、また新しい年が始まりました。皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年暮れに放送されたドラマ「赤めだか」の事が今も頭から離れません。落語家、立川談春の同名の自伝小説のドラマ化です。ドラマの中で談春の師匠・立川談志氏の言葉が多数、引用されていましたが、そのどれも真実であるがゆえに聞くには耳の痛い、厳しい、しかしありがたいものです。元日に一年の計を建てるに際し、これ以上の言葉はないと思ったので、以下引用しました。

「己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱みを口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬と云うんです。一緒になって同意してくれる仲間がいれば更に自分は安定する。本来ならば相手に並び、抜くための行動、生活を送ればそれで解決するんだ。しかし人間はなかなかそれができない。よく覚えとけ。現実は正解なんだ。時代が悪いの、世の中がおかしいと云ったところで仕方ない。現実は事実だ。そして現状を理解、分析してみろ。そこにはきっと、何故そうなったかという原因があるんだ。現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ。その行動を起こせない奴を俺の基準で馬鹿と云う」立川談志

もっとも私は21世紀に入ってからというもの、他人に羨望を感じることが皆無になりましたが。

どうか、本年がよい年でありますように。