雑考/追補

都知事が責任を追及されてとうとう辞めることになった。では都知事選にかかる莫大な費用は誰がもつのでしょうか?もちろん都民(の税金)である。それを考えると、本当にそれでいいのかな?と首をかしげてしまう。自民党としてはとかげのしっぽ切りと同じで辞めてもらったほっとしているのだろうけど。下手すりゃ自分のところに非難が飛び火しかねないからね。

与野党のどこの議員も言ってないが、都知事選の費用を全て彼に負担してもらったらどうだろう?私はそれだったら全て水に流す。そのうえでなら、こんどの知事選に再出馬したっていいよ。それと、使い込んだお金は果たして返してくれるんでしょうか?言葉で謝ってすむと思ったら大間違い。謝って借金帳消しなら銀行も金貸しもいらない。湯河原の別荘を売却してそれを都に入れて下さい。

などと、形而下の話をしていたら、心が貧しくなったようで悲しくなってきた。もうやめよう。・・・先日、マリンバ連弾のための新曲を書き上げました。これまで私は室内楽や打楽器アンサンブルの中でのマリンバ・パートは書いたことはありますが、マリンバのためだけの作品はこれが初めてです。才能豊かな若手マリンバ奏者、岡村彩実さんが取り上げてくれるそうで、楽しみです。彼女は現在ボストンに留学中で、大変、将来のある人です。

現在、私は秋のコンサート・シーズンに向けて新作に取り掛かっているところ。私にとっては4つめとなる弦楽四重奏曲です。これまで以上に抒情的でロマンティックな作品にしたいと思っています。