月別アーカイブ: 2017年3月

3月3日の夢

 

みなさん、お元気ですか。

月日の流れるのは早いもので2017年も3月。今日は雛祭り。1月から2月は寒暖の差が激しかったものの、今日は雛祭りらしい、穏やかな日です。

昨晩、不思議な夢を見ました。チェロとも筝ともいえぬ(その両方を合わせたような)形の楽器を奏でている楽人の夢でした。しかし、その音というのが、チェロとも筝ともいえぬ(笑)・・・いや、全くそれらとは似ても似つかぬ不思議な響きで(記憶では弓で鳴らしているようでしたが)途中から複数の人の声も参入(明らかにクラシックの発声ではなかったです)して、清らかなのにどこかデモーニッシュな魅力のある、今までに私が聴いたことのない官能的な音楽でした。しかもそれは何らかの制約があるようには聴こえない、完全に自由な音楽(これこそ私の理想とする音楽です)に思え、それは延々と夢の中で続いたのです。私は夢の中で、この曲の作曲者の才能に嫉妬を覚えるほどでした。

目が覚めてしばらくその音楽を憶えていましたが、次第に鮮明なイメージは薄れてゆきました。しかしその音楽の形態、響きのイメージ、その音響の持つ天使とも悪魔とも言い難い多様なスピリチュアリティは今でも記憶の中にはっきりと残っています。何よりもそれは真の意味で完全な自由音楽が作曲可能なのだ、ということを私に教えてくれました。

もしかしたら、この夢は雛祭りの朝に五人囃子(笑)から私への贈り物だったのかもしれません。

・・・そういえば黒澤明の晩年の映画「夢」のなかにも雛祭りに因んだエピソードがありました。みなさま、よい桃の節句をお過ごし下さい。