コンサートのお知らせ

去る11月11日、12日の二日間に渡って東京タワーで行われた、東京タワー文化フェスティバルII 2017にお出で下さいました皆様、ありがとうございました。このフェスティバルは今回が2回目ということですが、私は今回初めて参加しました。そして大変意味のある、そして何よりも楽しいアート・フェスティバルだと思いました。日本の現代音楽、邦楽、雅楽の演奏とレクチャーに加え、フィンランド、ウズベキスタン、チリ、スイスの民族音楽、芸能が展望台の特設ステージと地下ホールで紹介され、大変刺激的で密度の濃い2日間となりました。コンサートの合間に疲れたらどこかのカフェでお茶を飲み、おなかが空いたらたくさんあるお食事処でおなかを満たせるのも東京タワーならでは。まるで夏フェスか縁日にいるようで、そんなところもこのフェスのよいところでしょう。2020年の東京オリンピックに向けて東京タワーは、いまリニューアルの最中ということで、このフェスティバルも今後が楽しみです。

さて来る11月29日(水)東京オペラ・シティ・リサイタル・ホールにて私の新作が演奏されます。よく書けた大事な作品と思っています。一人でも多くの方に聴いて頂けたら幸せです。なお、事前に私にご連絡頂けましたならば、入場料4,000円のところを2割引きで提供させて頂きます。ご連絡はこちらにお願い致します。➡ sonatineofspring@yahoo.co.jp

現音 秋の音楽展2017 《いま聴く生まれたての音たち》アンデパンダン展第1夜

桃井千津子:Let the Cat Out of the Bag(2017) /土橋康人(ギター)

森田泰之進:瞬息(2017)/福田輝久(尺八)

松岡貴史:アルトと三味線のための「古今春秋夜」(2017)/小川明子(アルト)稀音家治乃(長唄三味線)

河内琢夫:ソナタ・パシフィカII(2015/17)/井上雅代(チェロ) 哲J(ディジュリドゥ) 河内琢夫(小物打楽器)

露木正登:セレナードII(2017)/鈴木生子(バセットホルン) 鈴木真希子(ハープ)

浅野藤也:独白(2017)/増本竜士(ピッコロ)

ロクリアン正岡:音楽昇華術1「ある夫婦の物語」(2017)/佐藤まどか(ヴァイオリン)内山厚志(クラリネット)

宇野文夫:ピアノのための「破片II」(2016)/鈴木智恵(ピアノ)

田口雅英:「ダバオ・タモガンの地獄」(2017)/松平敬(バリトン) 清水友美(ピアノ)

高原宏文:弦楽四重奏のための”手鑑”(2017)/松岡麻衣子、亀井庸州(ヴァイオリン) 甲斐史子(ヴィオラ) 松本卓似(チェロ)

11月29日(水)18:00開場 18:30開演

東京オペラシティリサイタルホール(京王新線初台駅直結)

主催:日本現代音楽協会