ご来場ありがとうございました。

さる11月29日(水)東京オペラシティ・リサイタル・ホールで行われた日本現代音楽協会主催:秋の音楽展にお出で頂いたお客様、ありがとうございました。

日本のディジュリドゥ奏者の第一人者、哲J氏、長年私の作品に携わってくれている信頼すべきチェロ奏者の井上雅代さんに加え、今回は私が打楽器パートを担当した「ソナタ・パシフィカII」の初演が無事終わりました。曲を書くのと実際にそれを演奏するのとでは天と地ほどの違いがあります。なにしろ使う脳と体の部位がまるで違いますからね(笑)。自分で書いたにも関わらず、本番はひやひやものでした。哲さん、井上さん、もし足を引っ張っていたならごめんなさい。作曲者としてはよく出来た作品だと思い、我ながら大好きな曲なのでぜひ、またいつか改めてどこかで再演したいと考えています。その時、打楽器パートを再び自分で担当するかどうかはわかりませんが(次はやっぱり神田佳子さんに頼むかな、、、)・・・でも今回は本当によい経験でした。皆さんに楽しんで頂けたとしたら、とっても幸せです。

日が経つのは早いもの。今年もついに一か月を切りました。今年はあともう一曲、小さい曲を作曲します。