早いもので・・・

2019年1月も後半となってしまいました。しばらくブログの更新を怠っておりました。去る1月8日東京オペラシティで行われた深新會第35回作品展にはとてもたくさんのお客様にいらして頂き、会員一同、感謝しております。いずれも充実した作品と演奏で大変密度の濃い演奏会となりました。私の作品、「2つのクラフト・ワーク~ヴァイオリンとピアノのための」はヴァイオリンの千葉純子さん、ピアノの小笠原貞宗さんの演奏により、大変満足のゆく初演となりました。自分でも新たな境地を開くことができた作品、と自負しています。私的には細部の作曲の修正をした後、近いうちに改訂初演を行いたいと思っています。

現在は3月2日に東京タワーで開催される国際的なアート・イヴェント、東京タワー・アート・フェスティヴァルIIIで初演するパンフルートと十三絃筝のための作品に取り掛かっています。3月~4月はとても幸せなことに私の作品の初演・再演のコンサートが続きます。演奏者の方々のご好意とご尽力に感謝しています。詳細はまたあらためてご案内致します。