月別アーカイブ: 2019年9月

AI美空ひばりに驚愕。

昨夜(9月29日)にNHKスペシャルで放映されたAI(人口知能)により再現された美空ひばりに新曲を歌わせるというプロジェクトには驚愕させられた。番組の事前の案内を見た時は、キワモノだろうと期待していなかったが、実際に番組を見て、その制作過程のドキュメントを見て、そして最後に実際にAI美空ひばりが秋元康作詞の新曲を歌う場面に接し、心が震え、思わず自分の目に涙が浮かんできたことに気付き、あらためて美空ひばりの偉大さ、音楽の奥深さについて考えさせられた。

番組の最後に秋元氏は「テクノロジーというのは人間の夢とか希望が原動力となって初めて意味を持つ」という主旨のことを発言されていた(つまり夢や希望のない、テクノロジーの独走は危険である、ということである)。私の心のどこかにあった隙間、欠落感を美空ひばりの歌声は確かに埋めてくれた。これが音楽でなくて何であろう。

突然ですがもの思う葦

学校におけるいじめで被害者の生徒がSOSを発しているにも関わらず、学校側がそれを認めず、結果的に被害者の生徒が泣き寝入りをさせられる、それを苦にして自殺するという事件を度々ニュースで見聞きする。そういったニュースを聞く度、思い出すことがある。

私は個性尊重、自由教育を旗印にしている私立・明星学園中学校および高校の出身である。かつて無着成恭氏も教鞭を執っていた、東京、三鷹市の、あの学校である。私の在学中、あの学校にもひどいいじめ、校内暴力が存在した。左翼系の教師がほとんどのあの学校では加害者側の人権ばかりが尊重され、問題は隠蔽され、被害者が泣き寝入りさせられる場面を何度も見ている。以後、明星学園への根本的な不信感は消えることがない。事前に現状を知る由がなかったとは言え、あの学校に入学し卒業した、ということは私の一生の不覚であった。明星での記憶は全て削除したいくらいである(クラス・メートとの付き合いはもはや一切ない)。ネットで検索しても、自由教育の城、明星学園における、いじめ、暴力は全くヒットしないので、誰かが書いておかなければ、と思った。

私が最も憎むのは「偽善」である。できないのなら美辞麗句を並べるな、ということを明星の(かつての)教師陣に言いたい。