AI美空ひばりに驚愕。

昨夜(9月29日)にNHKスペシャルで放映されたAI(人口知能)により再現された美空ひばりに新曲を歌わせるというプロジェクトには驚愕させられた。番組の事前の案内を見た時は、キワモノだろうと期待していなかったが、実際に番組を見て、その制作過程のドキュメントを見て、そして最後に実際にAI美空ひばりが秋元康作詞の新曲を歌う場面に接し、心が震え、思わず自分の目に涙が浮かんできたことに気付き、あらためて美空ひばりの偉大さ、音楽の奥深さについて考えさせられた。

番組の最後に秋元氏は「テクノロジーというのは人間の夢とか希望が原動力となって初めて意味を持つ」という主旨のことを発言されていた(つまり夢や希望のない、テクノロジーの独走は危険である、ということである)。私の心のどこかにあった隙間、欠落感を美空ひばりの歌声は確かに埋めてくれた。これが音楽でなくて何であろう。