月別アーカイブ: 2020年7月

もの思う葦

この世界には自分とよく似た人が(性別に関わらず)3人はいる、と言うが、彼女はその一人だったんだな、と思う。思春期に影響を受けた作家(ヘルマン・ヘッセ)が同じ、文学、音楽の好みに似ている、心理学への興味。おまけにともに同じくパニック障害に鬱という神経症持ち(笑)。似ているから最初は自分に合うと思ってしまったが、似ているからこそ(見ているのが)辛いということもある。
よいお友達になら、なれたかもしれない。出会う場所を間違えた。